« 2007年1月例会予告 | メイン | 2007年1月第2例会予告 »

2007年1月13日

2007年1月例会報告

2007年1月例会の参加者は8名でした。プレイされたゲームは以下の通りです。

・Shifting Sands (MMP)
MMP社初のカードドリブンシステムで、東アフリカ・中東を含む広いエリアでの北アフリカ戦役を追体験できる希少なゲームといえます。戦闘はPaths of Gloryでお馴染みの、戦闘ユニットの規模で射撃表を使い分けるファイヤパワー方式です。枢軸・連合軍共に初プレイですが、カードドリブンには1日の長がある枢軸軍プレイヤーが北アフリカ戦線で手詰まり気味になったと見るや東アフリカ戦線で攻勢を取り、VPエリアをあらかた奪取してしまいます。さらに中東戦線で枢軸軍がイラクの叛乱~ドイツ軍の進駐作戦でヴィシーフランス軍とイラク軍を動員し、バクダッドを奪取した上エルサレムも幾度かの攻防戦を経て枢軸軍の手に渡り、VP的にはサドンデス勝利の状態となります。これで連合軍プレイヤーが投了し、枢軸軍の勝利となりました。
ルールの記述やカードイベントの関連づけはもう少し練り込みと言うか整理が必要にも感じられましたが、北アフリカ戦を俯瞰するゲームとしては総じて手軽さ・プレイ時間共に好感触といったところです。

・Stonewall in the Valley (AH)
本日はマップ3枚を使用するキャンペーンゲームがプレイされました。詳細はこちらをご覧下さい。

・スターリングラード強襲 (GJ)
ドイツ軍プレイヤー完全勝利とのことでした。

・日本機動部隊 (エポック)
懐かしのゲーム。2戦プレイしたようです。

その他以下のゲームがプレイされました。

・Tikal (Ravensberger)

・操り人形 (HiG)

投稿者 kotatu : 2007年1月13日 23:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kotatu.dyndns.org/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/694

コメント

コメントしてください




保存しますか?