« 2007年2月第2例会予告 | メイン | 2007年3月例会予告 »

2007年2月17日

2007年2月第2例会報告

2007年2月第2例会の参加者は9名でした。プレイされたゲームは以下の通りです。

・Downtown (GMT)
11月から続いているキャンペーンシナリオC2の、2日目午前の侵攻をプレイしました。侵攻事前情報のサイの目が良かったアメリカ軍は、奇襲に近い形(ベトナム軍機は全て地上にいる状態)で侵攻を開始します。押っ取り刀で離陸したベトナム軍ですが、アメリカ海軍の厚いCAPの壁に阻まれ容易に攻撃本隊に近づくことができません。それでもベトナム軍は敢えてSAM攻撃を控え、攻撃本隊の1編隊にヘッドオンで接敵するチャンスに恵まれますが、無情にも交戦判定のサイの目は不発。仕方なくさらに後方の編隊に接敵を試みますが、こちらも失敗の上アメリカ軍は交戦判定に成功し、逆奇襲の形になりMigはA-4に撃墜されてしまいました。頭に来たベトナム軍プレイヤーは別のMigをF-4と空戦に持ち込み、損害を与えることに成功します。そのF-4編隊はAAA攻撃に晒された際、損害を被った機がさらに被弾し撃墜の憂き目にあいます。1名戦死、1名捕虜でした。攻撃本隊はと言うと目標に3損害と1損害をそれぞれ与えることに成功しましたが、AAAの被弾により損害を被り、結局1機墜落してしまいました。しかしSEADと武装護衛の編隊が奮闘し、SAMサイトを3ヶ所完全破壊、1ヶ所に損害を与え、午後の侵攻に繋げる戦果を得ることができました。午前侵攻の勘定はベトナム軍が2機撃墜・1名戦死・1名捕虜・付随損害2ヶ所で9VP。アメリカ軍が1機撃墜・SAMサイト3ヶ所破壊・1ヶ所損害で9VP。差し引き0となり午後の侵攻後のBDAでアメリカ軍にVPが追加されることになります。アメリカ軍はSAMサイト合計4ヶ所に損害を与えたことで、それだけ防空網に穴が空くことになり午後の侵攻は俄然有利になります。SEADと武装護衛がSAMサイトにダメージを与える作戦はベトナム軍にとって脅威となりそうです。

・Stonewall Jackson's Way (AH)
お客様のお二人で対戦していました。また遊びに来て下さいね。

・Napoleon (AH)
積み木ゲームの古典。陣営を変え2回プレイされたようです。

・激闘!キエフ奪回作戦 (GJ)
最近人気の出てきたゲーム。インストプレイされていました。

・1918 (CMJ)
テッド・レイサーの出世作。最近頻繁にプレイされています。

その他以下のゲームがプレイされました。

・Il Principe (Mind the Move)

・Naval Battles (Phalanx)

・Perikles (Warfrog)

投稿者 kotatu : 2007年2月17日 22:54

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kotatu.dyndns.org/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/739

コメント

コメントしてください




保存しますか?