« 2007年2月 | メイン | 2007年4月 »

2007年3月18日

2007年4月例会予告

2007年4月の例会は4/7(土)です。



会場:石神井公園区民交流センター 会議室(1)
アクセス:
電車の方・・・西武池袋線 石神井公園駅北口 徒歩1分 ピアレスA棟2F
車の方・・・関越道 練馬IC/外環道 大泉IC 5分 ピアレスB棟公共駐車場 終日駐車1,400円
時間:0900-2200
会費:500円

投稿者 kotatu : 01:00 | コメント (0) | トラックバック

2007年3月17日

2007年3月第2例会報告

2007年3月第2例会の参加者は7名でした。プレイされたゲームは以下の通りです。

・Downtown (GMT)
昨年から継続されているキャンペーンシナリオC2の最終日午前・午後の侵攻が一気にプレイされました。
午前の侵攻ではアメリカ軍がSAM網のない目標を選択しましたが、それを埋め合わせるかのようにMigが迎撃に上がります。CAPをかいくぐったMigは攻撃本隊のA-4を1機血祭りに上げ、そのまま離脱し基地へと帰還しました。一方アメリカ軍のSEAD編隊はスイッチオンのタイミングを誤ったファイヤーカンもろとも重AAAを制圧し、その間に攻撃本隊が3、2の損害を与えました。この時点での収支はアメリカ軍1機被撃墜+パイロット1名戦死で-3VP。

第9ターン。空戦発生。

第10ターン。AAAは制圧され目標は爆煙に包まれる。

午後の侵攻では対照的にSAMにがっちり守られた目標を選択し、激しい地対空及び空対空戦闘が展開されました。戦意旺盛なMig-21とF-4の決闘はF-4が1機軽損害を受け後に母艦へ帰還できずに墜落。このMig-21は別のF-4編隊に撃墜され、仇討ちはなされました。さらに別のMig-21を後方から襲ったF-4編隊は1機が返り討ちされ、パイロットは2名とも捕虜となってしまいます。空戦から離脱し基地へと帰還するこのMig-21を深追いした別のF-4編隊はキャンペーンで初めて"Downtown"ハノイのAAA網の洗礼を受けますが、幸い損害を受けることなく離脱しました。目標周辺では重AAAを取り囲んだSAMサイトがSAMをつるべ打ちするも全く当たらず、対照的に重AAAは何機もの攻撃機に損傷を負わせ、制圧されていない重AAAの恐ろしさをかいま見せました。そんな中でも爆撃は大成功を収め、4、1損害を負わせることに成功します。これで午後が終了し、午後の収支はアメリカ軍2機被撃墜+2名捕虜で-6VP、1機撃墜で2VP、差し引き-4VPです。

4ターン。やる気満々で上昇してくるMig群。

7ターン。F-4が撃墜され2つのパラシュートが花開く。

8ターン。"Downtown"ハノイ上空で空戦。アメリカ軍機初のハノイ侵入。
攻撃本隊は爆撃行程を終了し離脱している。

3日目が終了し、爆撃判定を行います。午前の3、2損害は重損害と判明し6VP。午後の4、1損害は破壊と判明し11VP。爆撃成果17VP+午前-3VP+午後-4VPで、3日目のアメリカ軍獲得VPは10VP。3日間を通して最も成果の上がった1日となりました。しかし3日通して合計のVPは+15にすぎず、これは勝利条件表に照らし合わせるとVP20未満:重大な失敗となります。ちなみに21~36が失敗、37~46が引き分け、47~59が勝利、60以上が大勝利となりますので、アメリカ軍が勝利するには最低限でも3日目以上の戦果を3日通して上げ続けなければなりません。
今回のアメリカ軍の敗北は、空戦判定のサイの目及び爆撃判定のサイの目に祟られ続けたことが最大の原因と言えます。平均以上のサイの目を出していれば、ベトナム軍側もMigの損害は増加し、また爆撃判定もより重大なものになっていたことでしょう。しかし、キャンペーンを通してプレイしたことで侵攻においての戦術を確立し、それを実行できたことがアメリカ軍プレイヤーにとって最大の成果かもしれません。一方、ベトナム軍プレイヤーはMigの運用については及第点を付けられるものの、SAM/AAA網の運用についてはまだまだ研究の余地ありと感じました。
いずれにせよまだまだ研究の余地のあるゲーム、しゃぶりがいがあります。

・ASL SK#1 (MMP)
前回例会と同じプレイヤー同士でシナリオS6がプレイされました。3ヶ所の勝利条件ヘクスのうち2ヶ所を制圧していれば勝利というシナリオですが、お互1ヶ所づつ制圧している状態での最後の1ヶ所の奪い合いは最終ターンの白兵戦で決着となり、1日の長があるソ連軍プレイヤーの勝利となりました。

・スターリングラード強襲 (GJ)
ソ連軍プレイヤーがVP条件5ヶ所中4ヶ所を保持し勝利しました。

その他以下のゲームがプレイされました。

・Augsburg 1520 (Alea/Ravensburger)

・Louis XIV (Alea/Ravensburger)

・Burn Rate (CoolStudio)

・Three Dragon Ante (WotC)

投稿者 kotatu : 23:46 | コメント (0) | トラックバック

2007年3月 4日

2007年4月第2例会(拡大例会)先行予告

4/29(日)に当会会員のたかさわ氏が予定していた猿遊会が中止となりましたが、代わりに同日Immelmannにおいて会議室を2室連結で使用する拡大例会を行います。通常長机が8卓のところ、14卓とスペースに余裕がありますので、猿遊会に予定を空けていた方など、気軽にご利用下さい。
(長机1卓でハーフマップ1枚、2卓連結でフルマップ1~2枚が目安です。)



会場:石神井公園区民交流センター 会議室(2)(3)
アクセス:
電車の方・・・西武池袋線 石神井公園駅北口 徒歩1分 ピアレスA棟2F
車の方・・・関越道 練馬IC/外環道 大泉IC 5分 ピアレスB棟公共駐車場 終日駐車1,400円
時間:0900-2200
会費:500円

投稿者 kotatu : 00:50 | コメント (0) | トラックバック

2007年3月第2例会予告

2007年3月の第2例会は3/17(土)です。



会場:石神井公園区民交流センター 会議室(1)
アクセス:
電車の方・・・西武池袋線 石神井公園駅北口 徒歩1分 ピアレスA棟2F
車の方・・・関越道 練馬IC/外環道 大泉IC 5分 ピアレスB棟公共駐車場 終日駐車1,400円
時間:0900-2200
会費:500円

投稿者 kotatu : 00:39 | コメント (0) | トラックバック

2007年3月 3日

2007年3月例会報告

2007年3月例会の参加者は11名でした。プレイされたゲームは以下の通りです。

・Downtown (GMT)
相変わらずのキャンペーンシナリオC2、本日は2日目午後がプレイされました。低~中高度が曇り、雲の切れ目が2ヶ所という天候で、爆撃時のマイナス修正を嫌い目標上に雲の切れ目を配置したため目標がバレバレの状態で進入してくるアメリカ海軍ですが、午前中にSAMサイトを破壊された北ベトナム軍はSAMサイトのスイッチを入れず、これ以上の損害を出さない消極策を取ります。迎撃に上がったMigも1編隊しかありませんでしたが、うまく攻撃本隊の進路上に占位することに成功します。イニシアチブを取り攻撃を試みるも、錬度の低さがたたり交戦判定失敗。さらにその後続編隊にも失敗し、攻撃を諦め超低空に降下したMigに対し、CAPのF-4編隊が後ろから襲いかかります。しかしF-4編隊がまさかの交戦判定失敗、それに対しMigは奇跡的(?)に成功し、逆奇襲の形となりF-4が1機撃墜されてしまいました。パイロットは2名とも脱出しますがあえなく捕虜となってしまいます。殊勲のMigはそのまま空戦から離脱し損害なく基地へ帰還しました。目標への爆撃は武装護衛がAAAを制圧した上で攻撃本隊が3、1、1の各損害を与えました。BDAも特に問題なく成功し、この時点でVPの収支はベトナム軍が1機撃墜2名捕虜でアメリカ軍の-6VP。そして2日目が終了した時点で午前・午後の爆撃判定を行います。まず午前の爆撃で3、1の損害を与えた結果は軽損害で3VP。次に午後の攻撃で3、1、1の損害を与えた結果は重損害で6VP。1日目の+1VP+午後の戦果-6VP+爆撃判定での3VP+6VPで、差し引き+4VP。アメリカ軍にとって絶望的な戦いは3日目に続きます。

8ターン、中央のアメリカ軍編隊の列に重なっているのが交戦直前のMig。

9ターン、交戦後のMigは北へ離脱。西へ離脱したF-4編隊は混乱してしまう。

11ターン、武装護衛を先頭とした1列縦隊の攻撃本隊が目標へ襲いかかる。

・Stonewall in the Valley (AH)
2月例会の続きのキャンペーンシナリオをプレイしていました。結果は南軍の勝利だったようです。

・War at Sea (AH)

・ASL SK#1 (MMP)
シナリオS1をプレイ。ASL初プレイのドイツ軍プレイヤーがビギナーズラックを発揮し、ギリギリで勝利を収めました。

・ドイツ南方軍集団 (SPI/サンセット)
ソ連軍の攻撃が頓挫し、投了したようです。

・I am Spartacus (XTR/CMJ)

その他以下のゲームがプレイされました。

・Augsburg 1520 (Alea/Ravensburger)

・War of the Ring: The Confrontation (FFG)

・マンチキン日本語版 (SJG/アークライト)

・Three Dragon Ante (WotC)

投稿者 kotatu : 23:35 | コメント (0) | トラックバック