« 2007年3月例会予告 | メイン | 2007年3月第2例会予告 »

2007年3月 3日

2007年3月例会報告

2007年3月例会の参加者は11名でした。プレイされたゲームは以下の通りです。

・Downtown (GMT)
相変わらずのキャンペーンシナリオC2、本日は2日目午後がプレイされました。低~中高度が曇り、雲の切れ目が2ヶ所という天候で、爆撃時のマイナス修正を嫌い目標上に雲の切れ目を配置したため目標がバレバレの状態で進入してくるアメリカ海軍ですが、午前中にSAMサイトを破壊された北ベトナム軍はSAMサイトのスイッチを入れず、これ以上の損害を出さない消極策を取ります。迎撃に上がったMigも1編隊しかありませんでしたが、うまく攻撃本隊の進路上に占位することに成功します。イニシアチブを取り攻撃を試みるも、錬度の低さがたたり交戦判定失敗。さらにその後続編隊にも失敗し、攻撃を諦め超低空に降下したMigに対し、CAPのF-4編隊が後ろから襲いかかります。しかしF-4編隊がまさかの交戦判定失敗、それに対しMigは奇跡的(?)に成功し、逆奇襲の形となりF-4が1機撃墜されてしまいました。パイロットは2名とも脱出しますがあえなく捕虜となってしまいます。殊勲のMigはそのまま空戦から離脱し損害なく基地へ帰還しました。目標への爆撃は武装護衛がAAAを制圧した上で攻撃本隊が3、1、1の各損害を与えました。BDAも特に問題なく成功し、この時点でVPの収支はベトナム軍が1機撃墜2名捕虜でアメリカ軍の-6VP。そして2日目が終了した時点で午前・午後の爆撃判定を行います。まず午前の爆撃で3、1の損害を与えた結果は軽損害で3VP。次に午後の攻撃で3、1、1の損害を与えた結果は重損害で6VP。1日目の+1VP+午後の戦果-6VP+爆撃判定での3VP+6VPで、差し引き+4VP。アメリカ軍にとって絶望的な戦いは3日目に続きます。

8ターン、中央のアメリカ軍編隊の列に重なっているのが交戦直前のMig。

9ターン、交戦後のMigは北へ離脱。西へ離脱したF-4編隊は混乱してしまう。

11ターン、武装護衛を先頭とした1列縦隊の攻撃本隊が目標へ襲いかかる。

・Stonewall in the Valley (AH)
2月例会の続きのキャンペーンシナリオをプレイしていました。結果は南軍の勝利だったようです。

・War at Sea (AH)

・ASL SK#1 (MMP)
シナリオS1をプレイ。ASL初プレイのドイツ軍プレイヤーがビギナーズラックを発揮し、ギリギリで勝利を収めました。

・ドイツ南方軍集団 (SPI/サンセット)
ソ連軍の攻撃が頓挫し、投了したようです。

・I am Spartacus (XTR/CMJ)

その他以下のゲームがプレイされました。

・Augsburg 1520 (Alea/Ravensburger)

・War of the Ring: The Confrontation (FFG)

・マンチキン日本語版 (SJG/アークライト)

・Three Dragon Ante (WotC)

投稿者 kotatu : 2007年3月 3日 23:35

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kotatu.dyndns.org/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/761

コメント

コメントしてください




保存しますか?