« 2007年6月第2例会予告 | メイン | 2007年7月例会予告 »

2007年6月30日

2007年6月第2例会報告

2007年6月第2例会の参加者は6名でした。プレイされたゲームは以下の通りです。

・Götterdämmerung (MiH)
先日YSGAでプレイした際ルールの勘違い等があったため、本日の再戦となりました。2ターンでコーニェフ率いる南方の第1ウクライナ方面軍はオーデル=ナイセ河を早くも突破し、軍境界線沿いにベルリンへ進撃します。一方ベルリン正面の第1白ロシア方面軍はゼーロウ高地線を北方から迂回し、ベルリンへと迫ります。ヒトラー誕生日の4/29に当たる8ターンには補給切れながらベルリン外縁にソ連軍が取り付き、翌ターンには補給が通りベルリン市街戦が本格的に開始されました。その時点でベルリン防衛の任に付いていたのは概算5個師団程度にすぎません。毎ターン1~2ヘクス程度しか進めないソ連軍は物量にものを言わせごり押ししますが、最終ターンまでに総統ブンカーを陥落させるには至りませんでした。また南方ではゲールリッツ市が最後まで陥落せず、攻撃に当たっていたソ連軍の歩兵軍団は補給切れで全滅扱いとなってしまいました。ソ連軍の得たVPは拠点占領で105+ドイツ軍ユニット除去で255。ドイツ軍の得たVPは拠点占領で15+ソ連軍ユニット損害で45。差し引きでソ連軍の+300VPとなり、戦略的勝利となりました。190VP以上で戦略的勝利ですので、圧勝です。
ドイツ軍のVP損失は、第1ウクライナ軍正面での遅滞防御の失敗とベルリン市街戦突入まででの装甲ユニットの過剰な損失が要因です。ドイツ軍プレイヤーは巧みな防御、忍耐、そしてなにより挫けないことが心構えとして必要でしょう。

8ターン開始時。ベルリン完全に包囲さる。

11ターン開始時。総統ブンカーも風前の灯火。

12ターン(最終ターン)終了時。中央に鎮座ましますのが生き残った総統ユニット。(ぼけぼけですいません)

・Sword of Rome (GMT)
5th Player Expantionでのエラッタカードを適用した4人戦。ギリシャプレイヤーが漁夫の利で勝利しました。

・ASL Starter Kit#1 (MMP)
シナリオS6がプレイされました。ソ連軍プレイヤーが肝心の所で6ゾロを連発し、勝利を逃す結果となりました。

・Operation Star (HJ/SPI)
懐かしいタクテクス付録版です。ドイツ軍プレイヤーの猛攻に抗しきれず、ソ連軍プレイヤーが投了しました。

その他以下のゲームがプレイされました。

・Tempus (CafeGames/Warfrog)

・Battle Line (GMT)

・操り人形 (HiG)

投稿者 kotatu : 2007年6月30日 23:31

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kotatu.dyndns.org/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/923

コメント

コメントしてください




保存しますか?